ジェットスター・ジャパンで国内移動費が激安になった!

LCCは成田発着が多い

LCCは成田発着が多い : LCCあるある!一つ便が遅れると続く便も遅れる : 手荷物は要注意!重量が超過すると追加料金が発生

ジェットスター・ジャパンといえば、オーストラリアと日本を結ぶLCCとして日本市場に参入し、国内でもそのネットワークを広げている航空会社になります。
さて、私は九州は大分に住んでいますが、ジェットスター・ジャパンが就航してからというもの東京(ただし成田)へ行くのがすごく身近になりました。
それはやはり価格と飛行機で1時間半の移動で済むということに他なりません。
まず、まともにレガシーキャリアを利用しようとすると、普通運賃で片道4万円弱、往復で割引は付いても7万円強にはなります。
これがジェットスター・ジャパンだと、当日でも席が空いていれば6000円弱ほどで済みます。
もちろんレガシーキャリアも対抗して、安い運賃を生み出していますが、旅行の60日も前から予約が必要だったりするわけです。
今週土曜暇だから東京に行こうか、なんてのはLCCならではと言えます。
ただし、良いことだけではありません。
まずなによりも羽田ではなく成田に着くというのが一つの問題かもしれません。
成田から東京都心までは、結構距離があります。
ただし最近は、成田空港から東京駅までわずか1000円で移動できるバスも出ています。
しかし、時間はかかります。
他にもあります。

ジェットスター・ジャパン : ジェットスター国内線