ジェットスター・ジャパンで国内移動費が激安になった!

手荷物は要注意!重量が超過すると追加料金が発生

ジェットスター・ジャパンジェットスター国内線

LCCは成田発着が多い : LCCあるある!一つ便が遅れると続く便も遅れる : 手荷物は要注意!重量が超過すると追加料金が発生

実はこの辺がLCCが遅れやすい原因でもあります。
散々批判してきましたが、LCCは大変有用です。
時間帯にもよりますが、成田?福岡便などは、大手航空会社と比べると、本当に桁違いの料金になることもあります。
国内移動の手段が一つ増えたような感じさえします。
遅れても良い旅行であれば、大分から成田空港を経由して札幌まで、セールなどを狙って往復3万円ほどで移動したこともあります。
国内では成田の第三ターミナルがLCC専用のターミナルとなっているので、個々を中心としてジェットスター・ジャパンなどの航空会社がほぼ全国に路線を広げています。
以前は、第二ターミナルを利用していましたが、LCC同士の乗り換えであれば、成田であることはさほど問題にはなりません。
何度も、大分東京感はジェットスター・ジャパンを利用させてもらっていますが、あの狭ささえ耐えられれば、けして客室乗務員の態度が悪いということや引こうが荒いといった都市伝説的なことはありません。
ただし、持ち込み手荷物は最近要注意です。
7Kgを超える手荷物にはペナルティー的に追加料金が必要になります。
例え、カウンターはクリアしたとしても搭乗ゲートのところにも重量計をもって待っていますので、荷物の量に最近特に注意すべき事でしょう。
それらの点には目をつぶっても、あの価格で東京往復ができるというのは、魅力的以外の何者でもありません。